花まつりとは?4月8日のお釈迦さまの誕生日はどんな行事を行う?

花まつり800 日常の出来事

4月8日は、お釈迦さまの誕生日。
日本では、”花まつり”というすてきな名称で親しまれ、仏教の宗派に関係なく行われていますが、一体花まつりとは、どんな行事なのでしょうか。

花まつりとは

花まつりは、お釈迦さまの誕生を祝う行事です。
日本では、毎年4月8日に、”花まつり”と称してお祝いすることが定着しています。これは旧暦の4月8日に、お釈迦さまが誕生したという伝承に基づいています。
なので、お釈迦様は、実際は新暦の4月8日にお生まれではないんですよね~

新暦だと約1ヶ月遅れになるので、5月8日に行うお寺もありますし、海外・東アジアなどは、旧暦にのっとって行うところが多いですね。

一般的には、花まつりという名称で親しまれていますが、正式には灌仏会(かんぶつえ)とよばれ、 降誕会(ごうたんえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、浴仏会(よくぶつえ)、龍華会(りゅうげえ)、花会式(はなえしき)という呼び方もあります。

花まつりの名称は、明治以降に、暦が変わってから使用されるようになったそうですが、最初にこの行事が行われたのは、606年推古天皇の時代とされています。ずいぶん古くからありますね。

スポンサーリンク

花まつりにはどんなことをするのか

この日は、花御堂(誕生仏を安置する堂)の中に、甘茶をたたえた水盤をしつらえ、その中に、誕生仏を置いて、その像に柄杓で甘茶をそそぎ、お祝いをします。
誕生仏とは、生まれてすぐに7歩歩いて、右手で天をさし、左手で地をさして、天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)と唱えた姿を現した像のことです。
甘茶をかけるのは、お釈迦さまが誕生された時、天に九頭の龍が現れて、甘露の雨を降り注いだ事に由来しています。

花まつり

花まつりの日は、私達にも甘茶の接待が行われますが、飲んでみると、ほんのり甘くておいしいお茶です。
色は薄い黄色、見方によっては黄金色にも見えますね~

また、この行事の他に、お稚児行列を行うところもあります。なんでも3回参加すると幸せになれるのだとか。
子どもたちがバッチリお化粧して歩く様は、とてもかわいいですよ。

まとめ

今年は、コロナの影響で、いつも通りの行事を行うところは、少なかったかもしれません。
今年行けなかったよ、という方は、毎年4月8日に行うところが多いので、ぜひこの日に、どこかのお寺へ出かけてみてはいかがでしょうか。

今まであまり縁のなかった方も、こんな時だからこそ、日本と深い関わりのある仏教の開祖、お釈迦さまの誕生日に、ちょっと思いをはせてみるのもいいかもしれませんね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました