家でもカンタンにできる腰痛体操おすすめ3選

腰痛体操800 日常の出来事

もやは国民病ともいえる腰痛。
家にこもってPCの前にずーっと座ってたりすると、腰には結構、負担がかかりますよね?
立ちっぱなしでも座りっぱなしでも、長時間おなじ姿勢はツライ。
そして、出来れば腰痛にはなりたくない。ホント何度体験してもツライですからね。

そこで、数ある体操の中から、実際に私がやってみて効果を実感した、誰にでもできる、カンタンな腰痛体操をシェアしたいと思います。

腰痛体操、そのⅠ

あらかじめ、お伝えしておきたいのですが、自分の症状と照らし合わせながら、無理のないように行ってくださいね。また、個人差もあるかと思いますので、その点を考慮した上で、参考にしていただけたらと思います。
症状の重い方や病院に通っている方は、医師と相談の上で行っていただくよう、お願いいたします。

では、早速ひとつ目からみていきましょう。

①仰向けに横になり、両膝をたてて、腰幅くらいに広げます。
②その状態で、両足をゆっくりと左右に揺らします。

これだけです!!!とっても簡単でしょう?
コツはゆっくりと左右に揺らす、ことです。
回数は特に決まっていないので、少なすぎずやりすぎず、を目安に、自分の身体と相談して決めて下さいね。

スポンサーリンク

腰痛体操、そのⅡ

上のⅠと同じことを、今度はうつ伏せの状態で行います。

①うつ伏せになります。
②両足を膝から折り曲げ、腰幅くらいにひらきます。
③その状態で、両足をゆっくりと左右に揺らします。

これも、ゆっくりと揺らすのがコツです。

スポンサーリンク

腰痛体操、そのⅢ

こちらの体操は、よくあちこちで紹介されているので、知っている人も多いと思います。

①仰向けに横になります。
②体の向きは変えずに、片足を、もう一方の伸ばしている足の方向に倒します。
捻るという形になります。倒したら、その状態を少し保ったままにし、その後、元に戻します。
これを左右交互に行います。

この時、手は両サイドにひらいておく、上に伸ばしておく、腰にあてておく、などバリエーションがあるようです。私の場合は、いつも両サイドにひらいて行っています。

腰痛体操

まとめ

腰痛体操は、この他にもまだまだたくさんありますが、上の3つは、家でもとてもカンタンに出来ます。
個人差もあるかもしれませんが、私自身は、やっていると「ああ腰に効いているなぁ」と実感します。
また、とても気持ちが良いので、ちょっと腰に負担がかかったな、と思った時にこの体操をやっています。

腰痛は、まずならないようにするのがベストですよね。
でも、もしもなってしまった時のために、家でカンタン且つすぐ出来そうなものを、今回は挙げてみました。
少しでもあなたのお役に立てたとしたら、嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました