身近なところからできる節約、月々の支払い料金を見直してみよう!

身近なところ800 日常の出来事

無理せず、なるべく毎月の出費を抑えたい、と考える人は多いですよね?
そこで、少しでも節約できる部分はないか、探してみました。
ここでは、すぐにでも始められる節約について、3つほどご紹介します。

ケータイ料金を見直してみる

出費の中で携帯料金の占める割合は、意外と大きいのではないでしょうか。
そこで、スマホの契約を見直したり、格安スマホにすると、月々の出費が大分抑えられます。
必要でないオプションサービスがあれば見直して、それを停止すればケータイ代も更にお安くなります。

節約2

また、例えばドコモの利用者であれば、月々の支払いがポイントとして計算されるので、それをそのまま買い物で利用できます。もし固定電話もドコモを使っているのであれば、ポイントは更に貯まりますよね!

あとは、買い物で貯めたり、アンケートに答えて正解して5ポイント貯めたりと、上手に活用すれば意外とポイントが貯まるので、貯めたらd払いでお買いものができて、節約になりますよ。

電気料金を見直してみる

電力が自由化されて、今はいろんな電力会社が存在していますよね。
それでも、もしあなたが関東に住んでいたら、やはり東京電力を利用しているのではないでしょうか?
そこで、まず、こちらの毎月の基本料金を見直してみます。

従来の料金プランだと、
10A:286円、15A:429円、20A:572円、30A:858円、40A:1144円、50A:1430円、60A:1716円です。
家にある家電や家族構成によっても異なりますが、もし可能であれば、アンペア数を下げて、毎月支払う基本料金を見直してみてはいかがでしょうか。

また、電気とガスをセットにすると、料金がお得になります。
東京電力だけでなく、他にも例えば、京葉ガス(供給されるエリアが限定されますが)も電気とセットにすると、電気代がお得になります。
私も電気とガスをセットにすることで、電気料金が安くなりました。

スポンサーリンク

その他の光熱費、保険料を見直してみる

ガスは、既にお話した通り、可能であれば電気とセットにする事でお得になります。

固定電話、インターネット、スマホ、プロバイダー料金などは、様々な会社がいろいろなセット割引や家族割引を行っているので、サービス提供エリアなども確認して、見直してみることもできるでしょう。

生命保険や車の保険の見直しも可能ですよね。

特に、車の保険では車両保険をつけない方が安いのですが、私は、こちらはつけたままにしています。
車の使用年数がたって、いずれ支払われる保険の金額が少なくなれば、その時はやめたいと思っていますが、今はまだ無理かな~と考えています。

数千円の節約になるので、節約したいけれど、外せないところは、無理せずやはりそのままでいいのかな、と思います。精神的にあまり負担にならない程度に節約したいですね!

まとめ

この他にも、まだまだ節約できるところはあるでしょう。
自分に無理のない範囲で節約して、できるだけ出費を抑えられたらいいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました