車にナビがついていなかったらスマホのナビで目的地へ行こう

車にナビ800 日常の出来事

もし、どこか知らない場所へ行く場合、ナビがあって、道案内してくれるというのは、とても便利なものです。
私は、今まで車にナビがついてなくて、少々不便な思いをしていましたが、スマホのナビを利用してみたらとても便利だったので、今回はその利用方法について書いてみます。

スマホのナビの使い方はとってもかんたん

まずGoogleマップを開いてみましょう。その後、

①検索画面に目的地を入力して検索します
②経路のボタンを押します
③現在地から目的地までの候補がいくつか出るので、利用したい経路を選択します
④ナビ開始ボタンを押します

これだけです。とっても簡単ですね。もっと早く知って利用していればよかったな~とつくづく思いました。
何でも知らないとソンをしますね。

スポンサーリンク

スマホのナビのメリット

実際、スマホのナビを利用し始めたら、とても便利だったのですが、特に私が感じたメリットは、以下のようなことです。

〇何といっても設定方法がラク
車のナビだと、結構、目的地までの設定がややこしいこともあるのですが、スマホの場合だと、目的地を指定して経路、ナビ開始のボタンを押せばいいだけなので、操作がとてもラクです。

その他にも
〇コンパクトで場所をとらない
〇車にナビついている場合は、併用して使える
ということが挙げられます。

車のナビ

 

スマホのナビのデメリット

便利な反面、デメリットもあります。それは

〇案内の音声が小さい
〇画面が小さくて見にくい

その他には
〇直前に道案内をされる
これはどういうことかというと、例えば左折する場合、ほとんど曲がる所に来た時に、「ここを左折です」と言われてしますのです。もう少し早く言ってくれないと、直進してしまう、という、わりとギリギリのタイミングで案内されるのです。この点はちょっと不便ですね。

それから、これは車のナビにも言えることですが、案内される経路が、行きと帰りが違ったり、また、必ずしも目的地までのベストな経路かどうかは、わかりません。そのあたりの事は多少考慮しながら、ナビと上手くつきあっていきたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

今まで、私はナビを利用せず、いちいち事前に下調べをしていたのですが、一度使ってしまったら、こんなに便利なものだったんだ~と実感しました。これで、車のナビを搭載する必要がますますなくなりました。
いろいろと便利な世の中になったので、それを活用しない手はないですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました